【アウトドア部】相模原を基点にアウトドアを愛する、体育会系の部活動です。


アウトドア部の活動の告知や報告などを行います。
by outdoor-bu
カテゴリ
全体
活動告知
活動報告
徒然草・・
メンバー紹介
ryoma sakamoto
未分類
アウトドア部 部員募集中!!
 相模原市内在住、在勤はお構いなく、アウトドア好きの方で部員の紹介があれば誰でも参加できます。現在部員は50名弱年齢層は30代が多いかな。
 毎年、花見・BBQ・キャンプ・釣り・素もぐり・ジェットスキー・スキー&スノボー・山登り・ほたる鑑賞・ハイキングなどを通して自然を愛し、日ごろのデジタルな生活からスローライフを取り戻そうという部活動です。
 部員はみな、それぞれに独立な生活を送っており、それぞれが今までの人生で体験したすばらしいものをまた他の部員にも体験してもらおうと言う主旨で、それぞれが独自に幹事になり、運営を行っております。
 「自然を愛することは、晴れの日も、雨の日も、雷の時も同等に愛することだ」とネィティブ・アメリカン(インディアン)は言った。晴れの日しか愛せないのは、自分の都合を望んでいるだけで、自然そのものを受け入れ愛することではないという。本当の意味で自然を愛することで、今より心の生活が豊かになれば・・。そう考えて運営してまいります。
どうぞこれからも宜しくお願いします。
人気blogランキング
以前の記事
最新のトラックバック
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
青根キャンプ場
from 緑の休暇村 青根キャンプ場
GPS ランキング
from GPS ランキング
京都グルメブログ
from 京都グルメブログ情報
尾鷲市映画館
from 尾鷲市映画館の案内
宇都宮市鶴田町栃木県
from 宇都宮市鶴田町栃木県情報
渋谷チェルシーホテル
from 渋谷チェルシーホテル情報
ホテル品川駅
from ホテル品川駅紹介
渋谷マークシティーウエスト
from 渋谷マークシティーウエスト情報
茨城高専
from 茨城高専提案
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

寺田屋襲撃事件

龍馬は、薩長同盟の二日後の1月23日。京都伏見の寺田屋に宿泊中、伏見奉行所の襲撃に遭います。その搦手の動員人数はなんと約100名!龍馬とその護衛者三吉慎蔵たった二人を捕獲する為に、伏見奉行所はこれほどの人数を動員しています。

深夜2時ごろ1階で風呂に入っていた龍馬の恋人「お龍」が異変を感じ(覗きか!?)、格子から外を見ると搦手が大勢いることに気が付きました。お龍は素っ裸のまま、2階の龍馬の部屋や飛び込んで注進しました。

龍馬は、袴もつける間もなく、高杉晋作に貰ったピストルを構え、三吉は槍の名手であった為、槍と刀を身に付け応戦します。この時期、西郷隆盛から「何かあったら薩摩藩士と名乗ってよい」と言われていた龍馬は、「我々は薩摩藩士である。なぜ、上意を受けるのか!?」と伏見奉行に言いますが、相手は容赦しません。

寺田屋は大乱闘になりました。龍馬のピストルは火を噴き、三吉の槍は次々と相手を倒していきますが、龍馬は相手の刀をピストルで受け損ねて、右手の親指と人差し指を負傷します。かなりの傷だったようで、指が取れかかっていたようです。

戦場が一息ついた時、三吉は「しかる時は、なお敵中に突き入りて戦うべし」と言いましたが龍馬は「この間に逃げよう」と言い、龍馬はピストルを捨て、三吉も持っている槍を投げ捨て、ふたりで裏階段を下りてみると、外の敵は寺田屋内部に気を取られ案外簡単に寺田屋を脱出出来たようです。このとき、隣家の戸締りを切り破り、(隣家に)挨拶をして小路に逃れ出で、しばらく両人とも息を休め、それより又走ったようです。

そして川端に材木置き場があるのを見つけ、その棚の上に両人とも密かに忍び込み、三吉が「ここでともに割腹しようではないか。敵の手に落ちれば見苦しい。」と言うと、龍馬は「死ぬ覚悟ができているのならば、君はこれより伏見薩摩藩邸へ走ってくれ。もし、その途中で敵に会えばそれまでだ。僕もまた、この場所で死ぬまでだ。」と言ったといいます。このとき、龍馬の右手の傷は動脈を切られ、かなりの出血と、薩長同盟成立の為にほとんど寝ていなく、1月の寒い中、薄手の服装だった為、瀕死の状態で、あったようです。

龍馬にそのように言われた三吉は、川で染血を洗い、わらじを拾って旅人に身を変じ、伏見薩摩藩邸に駆け込んで救援を求めました。
しかし、それより一足早く、お龍が伏見薩摩藩邸に報告に走り、龍馬の救援を求めていました。
薩摩藩は藩の旗印を押し立てて一個小隊を引き連れて龍馬の救出に向かい、無事に潜伏していた材木小屋から龍馬を助け出しました。じつに物々しく、幕府を挑発する行為ですが、幕府も薩摩藩と戦争になることを恐れて手が出せなかったといいます。
--------
当時、「武士道は死ぬことと見つけたり・・」が、主流の世の中。切羽詰ると、「死」を常に意識していた時代です。坂本龍馬も同様に、常に「死」を覚悟していました。『はてさて人間の一生というのは合点のいかぬものよ、 運の悪い者は風呂から上がる時に金玉をぶつけて死ぬものもある』
このように生死は自然現象だから、これを計算に入れていては、大事はできない。と考えていたようです。
死を怖がっていては、何も出来ない。しかし、万策残るうちは精一杯生きぬいてやろうという姿勢は、現代も、自殺者が後を絶たない状況ですが、共感を得られるのではないでしょうか?
--------
後日、龍馬は桂小五郎と再会した際、互いに無事を喜び合った時のエピソード

龍馬が桂に、「寺田屋にいなかったのは本当に幸運だ。おめでとう。」と言うと、桂は、「幸運だって?俺も一度は裸でご注進というありがたい目にあってみたいものだ。」
と言ったという。
桂にこのように言われた龍馬は、頭を掻きながらお茶を濁したそうです。ふだん硬いイメージの桂小五郎も、案外シャレたことをいいますね。
[PR]

by outdoor-bu | 2006-12-23 17:00 | ryoma sakamoto
<< 餅つきやるよ! 寺田屋お龍 >>