【アウトドア部】相模原を基点にアウトドアを愛する、体育会系の部活動です。


アウトドア部の活動の告知や報告などを行います。
by outdoor-bu
カテゴリ
全体
活動告知
活動報告
徒然草・・
メンバー紹介
ryoma sakamoto
未分類
アウトドア部 部員募集中!!
 相模原市内在住、在勤はお構いなく、アウトドア好きの方で部員の紹介があれば誰でも参加できます。現在部員は50名弱年齢層は30代が多いかな。
 毎年、花見・BBQ・キャンプ・釣り・素もぐり・ジェットスキー・スキー&スノボー・山登り・ほたる鑑賞・ハイキングなどを通して自然を愛し、日ごろのデジタルな生活からスローライフを取り戻そうという部活動です。
 部員はみな、それぞれに独立な生活を送っており、それぞれが今までの人生で体験したすばらしいものをまた他の部員にも体験してもらおうと言う主旨で、それぞれが独自に幹事になり、運営を行っております。
 「自然を愛することは、晴れの日も、雨の日も、雷の時も同等に愛することだ」とネィティブ・アメリカン(インディアン)は言った。晴れの日しか愛せないのは、自分の都合を望んでいるだけで、自然そのものを受け入れ愛することではないという。本当の意味で自然を愛することで、今より心の生活が豊かになれば・・。そう考えて運営してまいります。
どうぞこれからも宜しくお願いします。
人気blogランキング
以前の記事
最新のトラックバック
スキーとスノーボードの情..
from 雪山小僧♪
青根キャンプ場
from 緑の休暇村 青根キャンプ場
GPS ランキング
from GPS ランキング
京都グルメブログ
from 京都グルメブログ情報
尾鷲市映画館
from 尾鷲市映画館の案内
宇都宮市鶴田町栃木県
from 宇都宮市鶴田町栃木県情報
渋谷チェルシーホテル
from 渋谷チェルシーホテル情報
ホテル品川駅
from ホテル品川駅紹介
渋谷マークシティーウエスト
from 渋谷マークシティーウエスト情報
茨城高専
from 茨城高専提案
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


寺田屋お登勢とは・・?

「寺田屋お登勢」と言えば、幕末の志士の間では、有名人であった。

彼女は、勤皇の志士を献身的に庇護してくれると言うことであった。彼女は、人の世話をすることが道楽という、宿のお上にぴったりの人物であった。どんなに忙しくとも、頼まれ事は喜んで引き受けたという。

18歳で寺田屋に嫁いできたが、夫は35歳で亡くなってしまった。以後、ほぼ一人で船宿を経営した。火事で焼け出され、行く身寄りの無い「お龍(おりょう)」を坂本龍馬に乞われて、養子に受けた話しは有名である。

その他にも、捨て子も育てたらしい。夫との間には、一男二女があった。
[PR]

by outdoor-bu | 2006-11-30 11:19 | ryoma sakamoto

さ~て来年のNHK大河ドラマは?

NHKの来年の大河ラマは、「風林火山」武田信玄を扱ったもののようです。
1963年から「日曜日のゴールデンタイムをNHKに!」とのコンセプトで時代娯楽番組が中心に放送が開始されました。

NHKの大河ドラマといえば、不祥事続くNHKの中でも、人気俳優の起用などで高視聴率を保っています。

しかしながら、毎年「当たり外れ」のあるのもまた事実。一般に人気のあるのが戦国時代モノ。一年を通じて平均視聴率が39.7%と言う驚異的な数字を残してトップなのが「独眼竜政宗」第2位が平均視聴率39.2%の「武田信玄」です。以下、第3位は「春日の局」32.4%です。

そして、実は坂本龍馬を取り扱った「竜馬がゆく」は1968年に始まり、平均視聴率14.5%。「新撰組」でさえも17.4%ととかく、幕末以降の歴史モノは視聴率が低調です。

それは、時代背景が一気に複雑になることとされ、お茶の間の娯楽歴史番組としては敬遠されるんだとか。皆さんはこの時期の日本史ってよく理解できていますか?

ちなみに大東亜戦争以降の昭和史以降は、NHKとしては、アンタッチャブルだとか・・。歴史外交問題は相変わらず複雑です。
[PR]

by outdoor-bu | 2006-11-27 11:08 | ryoma sakamoto

幕末から地方分権を考える

江戸時代は、日本国内の旅行にもパスポートが必要でした。当時の江戸幕府は、今で言う地方分権の世界。隣の藩に行くにも藩へ届け出をして、許可を貰わないと行けません。いわゆる通行手形です。もし、勝手に行ってしまうとそれは脱藩といって、藩によって罰は変わりますが、まず見つかれば死罪。家族や親族にまで被害が及ぶ厳しいものでした。藩によって罰が変わるというのは、当時藩が大きな力を持っていて、刑法は今で言う県の条例程度で決めることが出来たのです。徳川幕府が江戸時代を統治しておりましたが、幕末辺りは諸外国から「諸藩の代表が徳川家」という位にしか見られていなかったようです。

最近こそ、地方分権が声高に叫ばれていますが、江戸時代の地方分権ではうまく行かなくなったので、中央集権の明治政府が出来上がりました。歴史は繰り返すといいますが、そんな江戸の視点から、地方分権を考えてみては?
[PR]

by outdoor-bu | 2006-11-23 11:07 | ryoma sakamoto

今日はなんの日?

1835年の今日、今から171年前に土佐藩郷士坂本直足の次男として坂本龍馬が生まれたのが今日です。郷士と言っても、半分商家のようなもので、高知城下でも一二を争う裕福な家庭だったとか。

「世に生を得るは事を為すにあり」――超人的な働きで薩長連合を成立させ、大政奉還を実現させた幕末の志士、坂本龍馬は、1867年(慶応3)の今日、何者かに暗殺されました。この日風邪ぎみの龍馬は、京都・河原町の隠れ家近江屋で陸援隊長、中岡慎太郎と話し込んでいたところを、十津川郷土と名乗る刺客に襲われて殺されてしまいました。龍馬33歳、慎太郎30歳。志半ばの非業の死でした。

坂本龍馬が一体どんな人物だったかは、またの機会に・・。
[PR]

by outdoor-bu | 2006-11-15 11:05 | ryoma sakamoto

ちょっと笑えたので、ご紹介。

暇で覗いたこのサイト。ちょっとおもしろかったのでご紹介します。
↑クリック!!最後まで見てね♪5分くらい掛かります。ボリュームは大きめで。
[PR]

by outdoor-bu | 2006-11-05 10:32 | 徒然草・・